top of page

水瓶座

もうすぐ、2月1日に水瓶座で新月を迎えます。水瓶座新月についてはhttps://ameblo.jp/ami-shima/ こちらでご紹介させていただきますので、今回の記事では、水瓶座について書いてみたいと思います。


水瓶座といえば11ハウス。仲間や平等といった事を表すハウスです。


支配星は天王星。

ですので、少し宇宙人的(?!)な要素を含んでいるのは否めません。(水瓶座の皆様すみません💦)


11ハウスは、与える喜びや同志、友愛や希望を表す場所なのですが、その手前の10ハウスで社会の中で達成し地位や名声を得たけど、目に見える成功を成し遂げた後にそこから俯瞰し、もうワンステージ上がった所が11ハウスで、目に見える名声と目には見えないけどとても大事なモノの両方を司っている場所なのです。


水瓶座は、独創的なアイデアを持ち自分だけの世界を持っていて、あまり周りの人々に流されない傾向があり、平凡だとか日常的な事に興味を示さないのではという印象があります。


また、平凡な生き方、月並みな生き方等を嫌い、常に何か新しい事を考えそれを実行にうつします。


コツコツと努力をする野心家で、地位と名誉を手に入れるまで決して諦めず、なにがあってもやり遂げる粘り強さも兼ね備えております。


決して社交性があるとは言えないかもしれませし、性格的にも決して明るいとは言えない所もありますでしょうか。


ですが、忍耐力、継続力があり、時間さえも無駄にしないという合理さもおありだと思います。


常識の枠にはおさまらない行動力をお持ちですので、時には異端児などと思われる事もしばしばで、相手を束縛する事も、自身が束縛される事も好みません。


かといって愛情が薄いわけでは決してないのですが、平等と言いますか、お相手が男性だから女性だからなどではなく、ただ『愛』そのものを受け止められるのが水瓶座なのです。


そして、頑固な面や人の話しを聞かないといった場面でも、やはりご自身のこだわりがおありだし、周りに合わす事を好まない自立されている水瓶座さんらしい言動なのだと思います。


水瓶座の方々は、個性が強いと言えばそれまでですが、でも、これからの風の時代の先導切って行かれるのは水瓶座の方々だと思っています。


水瓶座じゃない方々も、水瓶座みたいな生き方を参考にされると、新しい時代を生きて行きやすく、より良い未来にして行けると思うのです。


どこにも属さず、自分自身を生きて行きながら


そこに輝きや周りからの賞賛を求めるのでは無く、ただ自分自身をリスペクト出来る強さがあり、偏らず平等に人々を大事に出来るお人柄で


常識や枠に縛られず、自由な発想やひらめきで、新しい時代へと導いてくれる頼もしい存在の水瓶座さん。


初めにも書きましたが、水瓶座は宇宙なのです。

無限であり、未知数なのです。


ですので私はもっともっと水瓶座を研究して行きたいと思っています。


ぜひ、まだまだ上記以外の所で水瓶座さんはこんな一面があるって事、何かお気付きの所等ありましたら、教えて下さいませ!!











閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page