top of page

2024年2月の星の流れ

立春を迎え、2024年の始まりと切り替わりを迎える2月!

西洋占星術では風の時代を強く感じて行く時間ですし、九星気学では第9運の始まりです!


時代が大きく変わろうとする時間の狭間で、不可逆的に流れる時間の流れの中では変化の発生を止める事は出来ず、

私達は良くも悪くも身の回りで起こる変化に足を踏み入れ誰もが、コンフォートゾーンを抜け出そうとする時間を迎えています。


自分自身に質問を投げかける時間を増やし、進んで行く道を『誰』と『どんな風に歩いて行くのか』に、注力して行く2月となりそうです!



2月の星の流れ


2月3日:蠍座下弦の月

2月5日:水星水瓶座入り

2月10日:水瓶座新月

2月13日:火星水瓶座入り

2月17日:牡牛座上弦の月

2月17日:金星水瓶座入り

2月19日:太陽魚座入り

2月23日:水星魚座入り

2月24日:乙女座満月



『自己効力感』というものをご存知でられますか?

自己効力感とは:自分がある状況において必要な行動を上手く遂行できると、自分の可能性を認知している事


簡単にいうと、『自分ならできる!』という自信です。笑


2月は、この自己効力感を人間関係の中で構築していく時間の流れとなります。

自分に自信が持てるとどんな結果になりやすいのか・・は、ここでは省略しますが、


ですが、『自分に自信が持てる人間関係構築』とは、どんなものなのかを、ぜひ考えてみて欲しいです。


『チャンスは人からやってくる』時間です。


特に水瓶座新月頃に、

追いかけているもの、成し得たいもの、カタチにしたいものなどが、自分の本当の可能性の源になってく時間ですので、


ここで意識していて欲しい事は、『伝える事』や『表に出す』という事です。


人間関係において、欠かせないコミュニケーションですが、伝え合い、表明し合う事で、お互いに共鳴し合い、許し合っていける仲間のカタチを構築して行く事になります。


ですが、心からくつろげる関係性を、シンプルにカタチにして、すぐに共鳴し合えている!と、体感出来ればそれが1番良いのですが、


人によっては、

みんながみんな、本当に心から癒せれていなかったり、許せていないかも知れない・・と、感じる場面もあるかも知れませんし、

もっというと心から信頼出来る。とも、思えない事もあるかも知れません。



ただそれでも、共鳴し合えている関係性というのは、


『お互いに自立していないと成り立たない』という事と、

その関係性を続けて行く為や、近づいて行く為の『努力』は出来ると思うのです。


お互いの自立と継続して行く為の努力、

そしてお互いの良くしていこうという意識、


これらが少しづつ積み重なり、新しい仲間のカタチ、新しいパートナーシップの形が生み出されて行き、ここで生まれた信頼関係が

自己効力感へと繋がって行きます。



今の時間の流れを追い風にして、

自分に質問を投げかける時間を増やしながら、新しいパートナーシップのカタチを目指して見る事で、思い込んでいたイメージから『脱皮』をし、もっと自由になって行ける時間です。


新しいパートナーシップのカタチになってよかった!と、体感出来るのはまだもう少しだけ後になるかも知れませんが、

止める事の出来ない変化の時間の中では、少しでも頑固さを手放して見る意識を持つ事で、心の揺らぎも幾分かは和らいで行きそうですよ!



新しい思考と新しい仲間のカタチを楽しんで参りましょう!



ルーナピウスも新しい仲間のカタチを構築して行きます!!



閲覧数:97回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page